2018-01-22から1日間の記事一覧

2.10 真偽値と条件分岐について

2.10.1 &&や||の戻り値を評価を終了するタイミング &&や||を使った式全体の戻り値はtrueやfalseだけではない。 最後に評価した式の値を返す。 irb(main):002:0> 1 && 2 && 3 => 3 irb(main):003:0> 1 && nil && 3 => nil irb(main):004:0> 1 && false && 3 =…

2.9.4 数値クラスのあれこれ

整数はIntegerクラス、少数はFloatクラス。Ruby 2.3 までは大きな整数はBignumクラス、それ以外はFixnumクラスだったが、Ruby 2.4 からはIntegerクラスにまとめられた。 irb(main):046:0> 10.class => Integer irb(main):047:0> 1.5.class => Float irb(main…

文字列についてもっと詳しく

2.8.1 文字列もオブジェクト 'aaa'.class => String 2.8.2 %記法で文字列を作る %記法をつかうとシングルクオートやダブルクオートをエスケープする必要がない。!と!の間に任意の文字列を入れる。 %q! ! はシングルクオートで囲んだことになる。 %Q! ! と %!…