範囲オブジェクトRange

範囲を表せるオブジェクト。
..や...を使って表す。

1..3 #1から3
1...3 #1から2

include?メソッドでは引数の値に含まれるか調べることができる。

(1..3).include?(3)
#=> true
(1...3).include?(3)
#=> false

<や<=を使った範囲の判定をシンプルに書くことができる。

age = 19
0 <= age && age < 20 #=> true
(0...20).include?(age) #=> true

age = 20
0 <= age && age < 20 #=> false
(0...20).include?(age)=> false

to_aメソッドを使って配列を作ることができる。

('a'..'e').to_a
#=> ["a", "b", "c", "d", "e"]
参考文献

「プロを目指す人のためのRuby入門」